メジャー

体に負担をかけずに痩せる|置き換えダイエットで理想の体型へ

どうしても苦しい便秘には

錠剤

自分の便秘のタイプは何

お腹が張って苦しい、何日も便が出ていない、体重がどんどん増えてしまう、など便秘の症状には様々なものがありますが、共通して言えることは本人は非常につらいということです。野菜を多く摂ったり、水分をこまめに飲むことで症状が緩和されることもありますが、慢性的になってしまったり、我慢が出来ないほど苦しくなったりする場合には、便秘薬に頼ることもおすすめです。便秘薬には大きく分けて二種類のものがあり、ひとつめは腸を刺激して蠕動運動を促し、便を排出するタイプのもの、ふたつめは硬くなってしまった便に水分を含ませて排出しやすくするものがあります。お腹がぐるぐると音を立てて鳴っているときは蠕動運動が活発で、腸が動いている合図です。音が鳴っているのに便が出ない場合は、水分不足の可能性が考えられるので、一時的に軽い下痢を起こさせるような便秘薬を選ぶのがおすすめです。また、齢とともに腸の働きは弱まっていきます。腸の働きをよくする便秘薬は大腸の粘膜を刺激するアントラキノン系の薬がよいでしょう。

まずは自然なお通じを

ただし便秘薬で気を付けなくてはいけないこともあります。薬を飲んで便が排出されたことによって症状は治まりますが、便秘の根本的な解決にはなっていないということです。便秘薬を常用してしまうと、だんだん強い薬しか効かなくなってきてしまいます。そうなると便を排出する行為そのものが自分の力で出来なくなってしまったり、腸の内壁がひどくただれてしまったりすることもあります。ですから、便秘薬は自然な便通がどうしても得られないときの助けだと思い、日常生活においては、なるべく薬に頼らなくても便通が得られるように努力することがおすすめなのです。一般的に蠕動運動を活発にさせるのにおすすめなのは、食物繊維の多い食事、水分をしっかりとる、運動をする、といったことです。これらを日常生活に取り入れ、もしそれでも便通が得られなくなった時には、まず効き目の優しい薬から試してみるようにしましょう。